記事一覧

使わないと損とまで思う、リザード

過去の動画でもリザード系を紹介しており、その時はサリーマンダーという強波動タイプのピンチャーとシャッドテールのタイプでした。

今回はスタンダードなリザードです。


ABSバス釣り動画  こんなに釣れるワームなのに使わないと損 YUM LIZARD


やはり日本人にはウケないリザード。

やはり見た目なんですかね?

エサっぽく見せることだけがルアーフィッシングじゃないんですけどね。

その考えを改善しないとバスフィッシングは上達しないと原点回帰動画でも語っています。


ん?だったらリザードって名前を変えるとか、リザードらしくないフォルムに変えるとかすれば使う気になるのかね?


ま~釣りたいって人だけ使ってもらえたら良いのですが、マジで使わないと損だと思うルアーです。



さてこのYUMのリザード、カーリーが両手足とテールに5つあるので、非常にハイアピールでデカバス狙いのワームと思いきや、動画をご覧のとおり、意外にもコバスが結構釣れる。

アメリカではスポーニングバスを狙うのに非常に効くとのことですが、セコ釣りでも効くことが判明(笑)



キャロライナリグとして使うのが定番のようですが、どんなリグにも対応できると思います。

でもこのデザインを活かすにはやっぱりキャロが良いと思います。

というのも水平姿勢が強みだと感じます。

両手足のカーリーはスローだと動かないから一見ダメじゃんと思われがち。しかし、両手足のカーリーは飛行機の翼の役割を果たし、水平姿勢を保ったままスイミングしようとするのです。

ハンドポワードで作られているのか、片面が平らです。平らな面を上にしてオフセットフックをセットすると更に安定感が増すようです。

こうすることでリーダーが長いと長距離での水平飛行となりボトムに着いたシンカーよりも前に落ちていく感じでしょうか。



早くハイシーズン来ないかな~。

皿池のストラクチャーやボトムマテリアルのチェックと同時に爆釣しそうな予感です!



にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
釣果UP! アクセスUP! バスもアングラーもやる気UP! 1日1回クリック!




誰もが認める釣れるワームがYUMにも!

冬に撮影したABSTubeの動画ですが、このワーム見たことありますよね。


ABSバス釣り動画  あの釣れるワームがYUMにだってあるんです! ディンガー5インチ


そう、ゲーリーヤマモトのセンコーと同じデザインです。

YUMからも発売されていたことは知っていましたし、使ったこともあります。
商品名はディンガー!

今回この動画で実釣してみようということになりました。


そのデザインや機能の違いは動画で説明しての通りで、ほぼ変わらない。

センコーには製造年度の違いなのか、バリエーションを増やしたのか塩の量やマテリアルが昔に比べて微妙に変化しているのかもしれませんが、ディンガーと使用感は同じに感じました。

で、最近気付いたのですが、価格がかなりYUMが安い!

同じ5インチで400円くらいYUMが安いだけでなく、センコーは10本入りに対してディンガーは12本入り。

1本単価で換算すればディンガーは半値近いですね。

学生にとっては非常に魅力的な価格ですね。

ABS ディンガー
ファイル 2383-1.jpg
ファイル 2383-2.jpg
[PC][スマホ]


使い方としてはオフセットフックのノーシンカーリグでキャストして、ボトムを取り、チョンチョンとトゥイッチするとキレのあるダートがリアクションバイトを誘い、フォール中はユラユラと震えるアクションは食わせの要素があります。

その他使い方は皆さんの方がよくご存知ではないでしょうか。

このディンガーはおそらく近くのショップを探しても売ってないのではないでしょうか。
その点はセンコーに敵いません。
だからこそABSがあるんですよね。


ラインは小さなバイトを取れるよう低伸度のUSシルバースレッドAN40を使っています。

フロロに匹敵する低伸度でありながら比重は水に近いナイロンなので垂れ下がりも少ないからライン放出量は少ないので高感度となります。

ファイル 2383-3.jpg
ABS AN40
[PC][スマホ]



さて毎回質問されるのがロッドとリールは何を使っているのか?ということ。

今回は合わせて13000円あれば揃うエントリーモデルです。
このタックルでもバスは釣れるし楽しむことができます。
バス釣りビギナーの方は参考にしていただけたらと思います。








にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
釣果UP! アクセスUP! バスもアングラーもやる気UP! 1日1回クリック!




ヘドン マグナムタイガー動画 名作と言われる理由が理解できる

あれ?お伝えしていなかったでしょうか?

10月にフロリダへ行ってまして、プラドコTVの撮影をしに、プラドコをはじめ、スミス、オフト、アメリカンバスショップ各社の協賛でいっぱいバスを釣ってきました。

2年前に訪れたときは、広大な湖から何をしていいのか分からず苦労しましたが、あれから2年で随分と成長したと感じました。

お蔭様で沢山のビッグバスを釣ることができました。

その第1弾といたしまして、今回はヘドンのマグナムタイガーの映像をご覧いただきたいと思います。


プラドコTVバス釣り動画 マグナムタイガーの魅力と使い方 ヘドンHeddon MAGNUM TIGER


プラドコTVバス釣り動画 マグナムタイガーがフロリダで大暴れ! ヘドンHeddon MAGNUM TIGER



このルアーの歴史は1966年に開発され、ディスプレイスメントという水押し効果で引き波をたてることをコンセプトとし、当時では独創的なアイディアだったそうです。

この使い方をウエイキングと言いますが、現在ではビッグバドでよく使われる釣り方ではないでしょうか。

マグナムタイガーのようなミノーというジャンルのルアーにしては比較的ボディー体積が大きく、その中に沢山の空気層が設けられることで浮力が高いです。

又、ターボスロットリップというギザギザリップが、水の受け流しを不安定にすることで、不規則なダートアクションをすることが出来ると言います。

これら特徴を活かせば、多くのバスを騙す事ができるばず。



ということで、動画をご覧いただきますとお分かりのとおり、狂ったようにバスが飛び出してきます。

使えば使うほど、このルアーの良さが見えてきて、名作と言われる理由がよく分かりましたし、まだ何か隠された能力があると感じてなりません。

これが1966年からアメリカ人は使っていたのだと思うと、やはり本場の凄さを身にしみて感じます。



一度タイガーは廃盤となりましたが、現在はスミス社が復刻させて、日本でのみ販売しています。

是非一度使ってみてください。勉強になるどころか、面白くて楽しくて、バスフィッシングの奥深さを改めて理解できるはずです。

シーズンオフだと言われる方が増えていますが、ミノーの釣りは今が旬なんです。

実際に11月でも良く釣れていますので是非お試しください。




アメリカンバスショップ(ABS)
 マグナムタイガー
[PC][スマホ]
 カリプソLJ
[PC][スマホ]



オフト(OFT) カリプソLJ

オフト(OFT) カリプソLJ
価格:65,124円(税込、送料別)







にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
釣果UP! アクセスUP! バスもアングラーもやる気UP! 1日1回クリック!




ヘドンストリートチャンネル

ヘドンストリートチャンネルが本日で、全5本の動画を配信しました。

いかがでしたでしょうか、バスフィッシングの原点を見直すということで、まるりん流の原点回帰を紹介いたしました。


まずは、今の釣りの考え方を一旦置いておき、バスフィッシングの原点は投げ捨てた木切れにバスがバイトしたことから始まったので、ルアーをエサのように扱うだけがバス釣りではないですよ、という考え方から見直しましょうということで、でたらめな高速アクションをするトップウォータープラグでバスを釣ってみせました。


次に、まるりんが原点回帰した切欠について語り、ルアーは疑似餌ではなく、バスを騙す道具として扱えば、ワームが着いていないジグヘッドだけでも釣れるんだということを証明しました。


そして、プラドコルアーには原点のルアーがいっぱいあるので、それらを使い基本的な使い方、考え方でトップウォーター、ミノー、クランクベイトの釣りをお見せしました。


何事も基本が大事だと分かっていても、基本や原点を知らないまま夢中で釣りにハマり、釣れるフィールドを探したり、釣れるといわれるルアーを買い求めるアングラーが多いのではないでしょうか。

最終的には釣りは自己満足の世界なので、楽しいと思えたら良いのですが、今やっている釣りに飽きたり、バスが釣れないからソルトフィッシングに走ったり、これら動画で衝撃を受けたのであれば、まだまだ釣果アップする伸び代があるアングラーだと思います。

そんな方にこそ、ヘドンストリートがあるんです!

原点回帰できる基本のルアーが沢山!

プラドコルアーってホント沢山のルアーがあって、私もまだまだ使ったことがない物ばかりです。

最近、スミスウィックのデビルズホースのAF200を使ってみました。

比較的大きめのシルエットに対して小さめのプロップが二つ。いわゆるダブルスイッシャーと言われるルアーですが、どうしてもっと早くこのルアーを使わなかったのか、後悔するくらい釣れました。

その釣れる理由を自分なりに見つけて試してやっぱり釣れて、感動しまくりです。

このルアー、1948年(だったかな?)に登場したルアーで、やっぱりアメリカは凄い!プラドコで原点回帰して正解だと確信しました。

ちなみにヘドンストリートにも売ってます。



この様に、ルアーの種や仕掛けを探し、利用して、バスを騙して釣った感動は、人の真似事とは違い、又、「釣れた」ではなく、「釣った」と言えるバスなので、コバスだろうが嬉しいものです。

そうやってレベルアップを重ねて自分だけのバスを求めるのもバスフィッシングの楽しみ方のひとつです。

是非、フィッシング遊 鈴鹿店 ヘドンストリートへ行ってみてください。


動画を見ていない方はもちろん、おさらいしたい人も見てくださいね!






そんな私ですが、2年前、プラドコ社を始め、オフト、スミス、ユニチカ、ABS各社からのサポートで、バスフィッシングの聖地、フロリダへ行き、貴重な体験をさせていただきました。


プラドコバス釣り動画 夢のフロリダで見たものとは PV

その時の日記や動画を振り返ると、考え方や釣り方、魅せ方など、下手くそだなと思ってしまいます。

つまり成長していると実感しているわけです。

どれだけ成長したのか、また再びフロリダへ行くことが決まりました!

ロクマル、いや、ナナマル、いやいやハチマルを狙ってきます!

次回ブログを更新する時は、フロリダのネタになるかと思いますので、覗いてみてください。


それでは楽しいシルバーウィークを・・・。



にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
釣果UP! アクセスUP! バスもアングラーもやる気UP! 1日1回クリック!




原点回帰すればなんでも釣れる!

バス釣りをもっと楽しく、もっと釣るには、バス釣りの基本を一から学ぶことが大切なのではないか?そんな疑問から「原点回帰」をテーマに、フィッシング遊 鈴鹿店のヘドンストリートが立ち上げた「ヘドンストリートチャンネル」がスタート!

第1回と第2回は解説メインですが、かなり反響が良いです。

それだけ多くの方が、バスフィッシングのルーツを知らず、ルアーをエサのように扱っている証拠だと思います。

ルアーは疑似餌ではない
というヒロさんの考えを、実釣で見せようと、ワームが着いていないジグヘッドだけで釣ってしまうという・・・。


まずはご覧ください。
よかったら字幕機能(CC)をオンにしてご覧ください。



バス釣りを一から見直し原点回帰すればもっと釣れる!エサより釣れる?!


バス釣りの原点回帰はいつするの?今でしょう! ワーム無しでも釣れる!?



かなり衝撃を受けた人は、伸び代がある証拠です。

まずは考え方から変えましょう。

どんなものでも釣れるんです!

だって木切れでも食うわけでしょ。

もっと前は、スプーン落としてトラウトが食ったわけでしょ。


琵琶湖でマグナムスプーンが流行り、多くの人は衝撃を受けたと思いますが、私は「それもアリだよね」という印象でした。


金属やプラスチックの塊りを、バスを騙す道具として使うのは100年以上も前からアメリカでは行われていたわけですから、杓文字のようなマグナムスプーンでも、ワームの着いていないジグヘッドでもバスを釣ることは出来ると私はずっと思っていました。

ただ、その考えはあっても、自信を持ってその金属の塊りを使い切ってバスを釣ることができますか?と言われたら、若い頃の私は無理でした。

ところが、プラドコルアーを本気で使い始めた2012年頃から、プラドコルアーの良さを探れば探るほど、釣果はアップし、自信へと変わってきました。


釣れるフィールドを探し求めている人、釣れる最新ルアーを求めている人、バスを止めてソルトに走った人、自分の釣りがマンネリ化して飽きてきた人、

この動画を見て原点回帰してみてはいかがでしょうか。

そして、フィッシング遊 鈴鹿店に足を運び、陳列されたプラドコルアーだけでなく、歴史が学べる年表やお店でしか見られない動画もあります。

これを機に「原点回帰」してみませんか!



にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
釣果UP! アクセスUP! バスもアングラーもやる気UP! 1日1回クリック!




ページ移動



アウトドア&フィッシング ナチュラム