記事一覧

使わないと損とまで思う、リザード

過去の動画でもリザード系を紹介しており、その時はサリーマンダーという強波動タイプのピンチャーとシャッドテールのタイプでした。

今回はスタンダードなリザードです。


ABSバス釣り動画  こんなに釣れるワームなのに使わないと損 YUM LIZARD


やはり日本人にはウケないリザード。

やはり見た目なんですかね?

エサっぽく見せることだけがルアーフィッシングじゃないんですけどね。

その考えを改善しないとバスフィッシングは上達しないと原点回帰動画でも語っています。


ん?だったらリザードって名前を変えるとか、リザードらしくないフォルムに変えるとかすれば使う気になるのかね?


ま~釣りたいって人だけ使ってもらえたら良いのですが、マジで使わないと損だと思うルアーです。



さてこのYUMのリザード、カーリーが両手足とテールに5つあるので、非常にハイアピールでデカバス狙いのワームと思いきや、動画をご覧のとおり、意外にもコバスが結構釣れる。

アメリカではスポーニングバスを狙うのに非常に効くとのことですが、セコ釣りでも効くことが判明(笑)



キャロライナリグとして使うのが定番のようですが、どんなリグにも対応できると思います。

でもこのデザインを活かすにはやっぱりキャロが良いと思います。

というのも水平姿勢が強みだと感じます。

両手足のカーリーはスローだと動かないから一見ダメじゃんと思われがち。しかし、両手足のカーリーは飛行機の翼の役割を果たし、水平姿勢を保ったままスイミングしようとするのです。

ハンドポワードで作られているのか、片面が平らです。平らな面を上にしてオフセットフックをセットすると更に安定感が増すようです。

こうすることでリーダーが長いと長距離での水平飛行となりボトムに着いたシンカーよりも前に落ちていく感じでしょうか。



早くハイシーズン来ないかな~。

皿池のストラクチャーやボトムマテリアルのチェックと同時に爆釣しそうな予感です!



にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへにほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
釣果UP! アクセスUP! バスもアングラーもやる気UP! 1日1回クリック!